株式会社アイゼン

沿革HISTORY

1919年(大正 8年) 創業(10月)
1945年(昭和20年) 水谷領一事業継承
1951年(昭和26年) スズキ株式会社の協力工場となり2輪車部品の生産を開始
1953年(昭和28年) (有)水谷鉄工所設立
1961年(昭和36年) 小沢渡団地に工場を建設し操業開始
1967年(昭和42年) 経営合理化モデル工場として中小企業庁長官表彰を受ける
1969年(昭和44年) (株)水谷鉄工所に組織変更するとともに設備の近代化をはかる
1973年(昭和48年) 中小企業庁より中小企業モデル工場の指定をうけ現在にいたる
1980年(昭和55年) 高塚工場を建設し、分割コネクティングロッド専門工場として操業開始
1986年(昭和61年) 関連会社(株)エム・アイ・シー設立(資本金3000万円)
1986年(昭和61年) 小沢渡東工場操業開始
1987年(昭和62年) 英国LUCAS社開発「ナイトロテック」処理技術導入
1988年(昭和63年) 水谷鉄工所とアイゼン熱処理が合併し(株)アイゼンに社名変更
1990年(平成 2年) 独身寮「クリーンハイツ」完成
1994年(平成 6年) 浜松市南区高塚町1125-1に本社工場竣工
1994年(平成 6年) 新井國夫社長就任(現会長)
1994年(平成 6年) 経営合理化モデル工場として通産大臣表彰を受ける
1995年(平成 7年) 熱処理設備全自動監視システム増設
1996年(平成 8年) インドAMTEK AUTO LIMITEDとコンロッド製造に関する技術援助契約締結
1999年(平成11年) インドAMTEK AUTO LIMITEDとコンロッド製造に関する技術援助契約再締結
2000年(平成12年) ISO9002取得
2003年(平成15年) ISO9001:2000年版認証
2004年(平成16年) 小沢渡北工場操業開始
2005年(平成17年) 熱処理ガス軟窒化炉(1ton)、ガス浸炭炉(600k)増設
2006年(平成18年) 水谷公蔵社長就任
2007年(平成19年) インドAMTEK AUTO LIMITEDと新エンジンコンロッド製造に関する技術援助契約締結
2007年(平成19年) 操業88周年を迎え、翌年記念誌発刊
2008年(平成20年) ISO14001:2004年版認証
2008年(平成20年) 傍系会社(株)エム・アイ・シー浜松市南区高塚町1788-3に移転
2010年(平成22年) インドAMZEN TECHNOLOGIES PVT.LTDと機械設計製造に関する技術援助契約締結
2011年(平成23年) タイへAIZEN SB(Thailand)Co,.LTD.設立
2012年(平成24年) 新井國夫会長 博士(工学)Ph.D.(Engineering) を取得
2014年(平成26年) 浜北工場操業開始
2019年(令和元年) 創業100周年を迎える
企業情報のトップへ戻る