エンジン部品の中枢パーツ「コネクティングロッド」を核に高度な総合技術力で時代のニーズに応えます。

  • JAPANESE
  • ENGLISH

熱処理

熱処理技術を追求して60有余年、研磨探求の成果がアイゼンの技術に息づいています。

金属の組織を変化させ、材料の特製(耐摩耗性・耐食性・耐疲労性・低歪)を飛躍的に高める熱処理技術。
この熱処理技術は素材の特性と使用目的に合わせて条件を設定するという奥の深い技術です。
私たちの60余年の豊富な経験と技術力で毎月150社以上のお客様の幅広いニーズにお応えしています。

HEAT-TREATED TECHNOLOGY 01

浸炭焼入・浸炭窒化焼入焼戻処理

肌焼鋼を用い、二輪・四輪のエンジン・ミッション系の部品などに使用します。また、加工部位を少なくした焼結材の浸炭焼入品も多くなってきました。

HEAT-TREATED TECHNOLOGY 02

ガス軟窒化処理

ニードルベアリングのリテーナーや薄物の鋼板など、耐磨耗性・耐疲労性を必要とする部品に使用します。また、アルミダイキャストの金型などの耐摩耗性や湯流れ性向上にも使用されます。

HEAT-TREATED TECHNOLOGY 03

NTC処理(酸窒化処理)

表面に窒化鉄層と酸化鉄層を作り、耐磨耗・耐食性などに優れた特性が得られます。

HEAT-TREATED TECHNOLOGY 04

焼入焼戻処理(高・低温戻)

鋼を適切な温度に加熱後、冷却と焼戻しをし固くて粘り強い鋼にします。農機具や草刈機の刃にも使われます。

HEAT-TREATED TECHNOLOGY 05

プラズマ窒化処理

熱間鍛造の金型やギヤー類など耐磨耗性・耐疲労性を必要とする部品に使用します。

HEAT-TREATED TECHNOLOGY 06

析出硬化処理

化合物を析出させて硬く強くする処理で、SUS630材などの部品に使用します。

HEAT-TREATED TECHNOLOGY 07

真空焼入焼戻処理

真空中で加熱後、ガス冷却する焼入れで、主にプレス・ダイキャスト・鍜造金型の焼入れに使用します。

HEAT-TREATED TECHNOLOGY 08

無酸化調質処理

還元性・不活性ガスを使用して無酸化状態で加熱し焼入焼戻を行います。
連続炉での打痕を避ける場合にも使用されます。

HEAT-TREATED TECHNOLOGY 09

軟化焼鈍処理

金属の軟化及び応力除去を目的に行なう処理です。

HEAT-TREATED TECHNOLOGY 10

応力除去焼鈍

鍛造・機械加工・溶接品の残留応力除去を目的としたなましを行う処理です。

HEAT-TREATED TECHNOLOGY 11

焼鈍(銅・黄銅)

内部応力の除去を目的とした焼なましを行います。

HEAT-TREATED TECHNOLOGY 12

個溶化熱処理

オーステナイト系ステンレス鋼の軟化と組織改善を行い、作業性向上を目的として使用します。

Copyright (c) AIZEN CO.,LTD All Rights Reserved.

株式会社アイゼン
[ 本社工場 ]  〒432-8065 静岡県浜松市南区高塚町1125-1 / TEL.(053)440-1511 / FAX.(053)440-1515
[ 小沢渡工場 ] 〒432-8063 静岡県浜松市南区小沢渡町20 / TEL.(053)447-2521 / FAX.(053)448-5230
[ 浜北工場 ]  〒434-0046 静岡県浜松市浜北区染地台 6-13-2 / TEL.(053)-443-8225 / FAX.(053)-443-8257